最近注目されている歯のホワイトニング。

 

一昔前と比べると施術できる歯科医院も増え、価格も下がってきています。

 

しかし、歯を白くしたいという全ての人に歯科医院でのホワイトニングが適しているとは限りません。

 

なぜなら、価格や継続期間などの面でデメリットも多いと私も実際にやってみて思ったからです。

 

そんなデメリットを解消してくれるのが、ホワイトニング歯磨き「美歯口」です。

 

ホワイトニングの価格とは?

歯科医院でのホワイトニングの相場は、どのようなホワイトニングを選択するかによって変わってきます。

 

一番安いのがセルフホワイトニングですが、歯科医院によってはセルフホワイトニングを導入していないところもあります。

 

効果がより高いと言われているオフィスホワイトニングの値段が一番高いというのはどこの歯科医院も変わらないようです。

 

オフィスホワイトニング

まず1つ目は「オフィスホワイトニング」です。歯科医院で扱うことができる濃度の高い液体を歯に塗り、ライトを当てて歯を白くしていく施術です。

 

1回の料金は1〜3万円程度で、これをご自身の理想の白さになるまで繰り返していくのでそれなりの価格になります。

 

「初回がお得!2回目以降安くなる!」など各歯科医院によって差があるので、価格の比較は必須です。

 

ホームホワイトニング

2つ目は「ホームホワイトニング」です。こちらは、歯科医院で歯型(マウスピース)を作ってもらい、薬剤を購入してご自宅で液剤をマウスピースに流し込み歯を徐々に白くしていく方法です。

 

オフィスホワイトニングの薬剤よりも濃度が薄く効果は緩やかです。

 

私はマウスピースの作成に3万円、薬剤は1本を1万円程度で買っていました。

 

セルフホワイトニング

3つ目は「セルフホワイトニング」です。セルフホワイトニングは、全ての作業を自分で行うホワイトニングです。歯に液剤を塗り、ライトを当てるだけなのでやり方を聞けば簡単にできます。

 

自分で行うのでその分価格は安く、1回3,000〜5,000円程度のところが多いですね。薬剤はホームホワイトニングで使用するものと同じくらいの濃度のものです。

 

ホワイトニングは保険は使えるの?

 

ホワイトニングは歯科医で行う施術ではありますが、審美歯科の分野なので保険適用ではありません。

 

ご自身で10割負担する自費治療になります。

 

歯科医院によって価格差があるのは、保険治療でなく自費治療だからです。

 

自費治療の施術は、歯科医院ごとに価格を自由に決めても良いのでリーズナブルな価格で施術しているところと、そうでないところがあるのです。

 

ホワイトニングの期間は?

 

ホワイトニングを行う期間は施術内容にもよりますが、1回で終わるものはありません。

 

オフィスホワイトニング、ホームホワイトニング、セルフホワイトニングのそれぞれの期間を見ていきましょう。

 

オフィスホワイトニング施術期間

3〜4回以上通う人も多く、一度施術を行ったら少し期間をあけて通うので半年程度はかかります。

 

それからは、歯の着色が気になってきた時にまた通います。

 

ホームホワイトニング施術期間

マウスピースの作成と引き渡しで2回通院した後は、自宅で薬剤を使ったケアを行います。

 

毎日使っていると1ヶ月程度で色が白くなってきます。

 

それを続けていくので、終わりはありません。

 

金銭的な負担がかかり、私は途中で挫折してしまいました。

 

セルフホワイトニング施術期間

手軽にできてリーズナブルな分、薬液の濃度も低いので月1くらいのペースで通い続ける必要があります。

 

エステのような感覚でずっと続けていくものだと思っていただくといいでしょう。

 

ホワイトニングのメリットとデメリットとは?

ホワイトニングのメリットは、歯の表面に傷をつけずに白い歯になれるというの効果の高さが一番のメリットです。

 

ご自身のお好みの白さに色の調整ができるのもいいですよね。

 

デメリットは、金銭的に負担がかかるということと歯茎に刺激があること、人によってはホワイトニングを出来ない人がいるということです。

メリット

・歯を傷つけずに行える

・効果が高い

・色の調整ができる

 

デメリット

・金銭的負担がかかる

・知覚過敏が起こる

・妊娠中と授乳中は行えない

・歯に亀裂が入っている人は行えない

・入れ歯や差し歯がある人は行えない

 

ホワイトニングより手軽に歯を白くできる美歯口とは?

ホワイトニングは効果が高い分、手間もお金もかかるということをお分かりいただけたと思います。

 

もっと手軽に歯を白くしたいと思ったら、歯科医師もオススメしているホワイトニング歯磨き「美歯口(びはく)」を使ってみるといいでしょう。

 

1本1,944円(税込)で、白い歯をゲットできると話題になっていてGENKINGさんもオススメしている今注目の商品なんです。

 

ヒドロキシアパタイトやポリリン酸Naなどの清掃成分の効果で、ホワイトニングをしなくても歯が白くなりますよ。

 

まとめ

ホワイトニングは、自費治療なので歯科医院によって値段に差があります。 

ホワイトニングといっても「オフィスホワイトニング」「ホームホワイトニング」「セルフホワイトニング」など選択肢も多く、どれを選ぶかによってもかかる費用や回数が変わってきます。

 

しかし、どのホワイトニングも継続と白さの維持に費用がかかるので、もっと手軽にリーズナブルな価格で歯を白くしたい人は「美歯口」を試してみることをオススメします。